自営業の始め方・手続きに関して!

自営業を始めるのは簡単!

自営業を始めるのに難しい手続きはありません。個人事業の開廃業等届出書を税務署に出すだけです。これは国税庁のホームページからダウンロードできますし、簡単に書くことができる書類です。書き方も一緒にダウンロードすることができます。ただし、書き方は簡単ですが、出す期日は少し面倒です。1月15日までに事業を開始した場合はその年の3月15日までに出す必要があります。1月16日以降であれば、事業を開始してから2か月以内に届出を出す必要があります。納税地は事業所が所属する税務署となり、事業所の住所も必要になります。現在ではマイナンバーの申請も必要になっています。あとは職業や屋号を決める必要があるくらいで、難しい書類ではありません。

税金の控除が多く受けられるかは申請次第

自営業者は基本的に何もしなければ白色申告になります。白色申告で受けられる所得税控除は10万円になります。これに対し開廃業届と同時に所得税の青色申告承認申請書を提出すれば、青色申告をすることが可能になります。青色申告では所得税控除が65万円まで受けられます。1年間の売り上げを決算した時に掛かる税金を少なくするためには青色申告書を提出することが大事です。減価償却も認められますし、専従者控除も受けられます。赤字の場合は赤字を3年間繰り越すこともできるのです。税金がかかる額が減ることを考えると自営業者には青色申告は必須の手続きとなります。始めにしておかないと面倒な手続きになってしまいます。開廃業等届書とともに青色申告の手続きは忘れないようにしましょう。

起業は、新しく事業を起こしスタートすることを指しています。自由がきく反面、責任も自分自身でとることになります。

© Copyright Look Potential Customers. All Rights Reserved.