自営業の世代交代時期と方法!

年金受給開始時期が引退時期ではない

サラリーマンは60歳あるいは65歳で定年退職となるケースが多く、その後は再雇用あるいは年金生活となりますが、自営業者の場合には年金受給開始になる年齢がイコールで引退する時期ではありません。国民年金が受給できる年齢になっても働き続けることが出来、その人の身体の状態によっては生涯現役ということも夢ではないのが自営業です。ですから自営業を行う場合にはあまり引退のことを考えずにいつまでも続けられるような事業を行うということも大事です。引退時期を決めておきたい場合には、なるべく従業員を雇ってから引退をするのが大事です。勤めている従業員がいなければ廃業と同時に事業が終了となりますが、従業員がいればその人に事業を任せることが可能です。

あえて生涯現役で働きたい方は

自営業で世代交代などは行わずあえて生涯現役で働きたいという方はとにかく体調管理には気を使いましょう。毎年健康診断を受けるようにして身体の悪いところがあればすぐに治療に取りかかることも大事です。家族経営の場合や従業員がいる自営業者の場合には、社長が不在でもなんとか事業をストップさせずに続けられるので、家族の存在や社員の存在も重要です。自営業というと一人で黙々と事業を行っている姿を想像される方も多いですが、生涯現役で働くためにはやはり人の支えが必要となるので、家族あるいは従業員と支えあって仕事をしていくことで自営業を生涯現役で続けていけます。現役で働きづつ蹴るために必要なのは健康と支え合える人です。

© Copyright Look Potential Customers. All Rights Reserved.